次回公演 最新情報 タテヨコ企画とは? 公演記録 舞台写真 劇団員 リンク お問合せ ブログ
                 
横田 修 Osamu YOKOTA

タテヨコ企画主宰・作・演出



・ 生年年月日:1970年8月17日
・ 出身地:栃木
・ 身長:178
・ 血液型:B型
・ 趣味・特技:特になし。 
 スカイダイビングをしてみたいです。




横田修(よこたおさむ)

タテヨコ企画主宰・作・演出

筑波大学卒業後、1992年に劇団【青年団】へ入団。俳優として「東京ノート」「火宅か修羅か」等に出演。演出部にて「お茶と説教」上演後、独自の展開を目指し退団。99年【タテヨコ企画】旗揚げ。

劇場に拘らず、ギャラリーや幼稚園を会場に演劇作品を発表。空間と存分に遊ぶ演出に定評があり、2005年6月に江東区の現役の幼稚園をステージに上演したママさん芝居「すくすく」は好評を博しNHK「芸術劇場」にて大きく紹介された。以降、2007年には日本中国韓国で順に開催する国際演劇フェスティバル・第14回BeSeTo演劇祭やフジテレビ主催・T★1(ティー・ワン)演劇グランプリに参加するなど幅広い活動を展開する。

劇団外の活動として、2007年にスタートした、市民と学生とアーティストで創る市民参加企画「群読音楽劇 銀河鉄道の夜」(桜美林大学主催)に立ち上げから毎年参画。オーディションを経た市民・学生に対して演技指導を行うほか、2014年には神奈川県のマグネットカルチャー事業の一環として文化遺産を新しい発想で活用し、伝統文化の魅力を体感できるプロジェクト「カナガワ リ・古典 プロジェクト」に関連講師として参画するなど、舞台芸術の魅力を市民に還元する活動にも積極的に関わっている。

代表作「風にゆれる、じっと見てる。」「鈴木の行方」「谷繁」等。桜美林大学総合文化学群助手を経て、2015年度より追手門学院大学社会学部専任講師。








このホームページに記載の画像、文章の著作権はタテヨコ企画もしくは作品・情報等の提供者に帰属します。無断転載・利用を禁じます。
Copyright(c)1999- TateyokoKikaku All Rights Reserved.